空を飛んでみたい。そんな人の思いを叶えた発明品・熱気球。空気を熱し、膨張させ、密度を下げる。気球の中の密度の下がった空気が押しのけた周りの空気による浮力で飛んでいく。バーナーの調整で気球内の空気の温度=密度を調整できるので、浮力の大きさを調整できて、高度の調整も可能。なぜ人は空を飛びたいと思うのだろうか。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

©2019 by Science Promotion Portal . Proudly created with Wix.com