雲。水蒸気を含んだ空気が、上昇していき、気温が下がって、空気に含まれる水分量の上限も気温と共に下がって、溢れ出した水が、空気に水や氷として姿を現したもの。雲にかかる重力と、空中の上昇気流が釣り合って、空中を漂う。穏やかに見えて、実は激しい世界なのだ。

1/0