お皿に軽くラップをかけてチンをする。
ラップ内の空気が膨張し、ラップの外へ漏れていく。
その後空気は冷めて収縮するが、その際にラップがキュッと張り付き、抜け出した空気は戻ってこれず、ラップの外との気圧差で、真空パックのようになっている。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

©2019 by Science Promotion Portal . Proudly created with Wix.com