海の色が青いのは、空の青色が反射しているだけでなく、水分子が太陽光に含まれる赤色の光を吸収し、反射光がその補色の青色に見えるから。水が澄んでいて、海底の砂まで光が届く場合は、その反射光もあり、海が緑色に見えることも。水の色は無色透明と思いきや、海じゃなくても、水自体が、赤を吸収し、青っぽく見えるので、水色は本当に水の色なのだ。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

©2019 by Science Promotion Portal . Proudly created with Wix.com