お風呂上がりに体が濡れたままだと、どんどん体が冷えていく。冷蔵庫も同じ仕組みで、液体が気体になる時に熱(気化熱)を奪う過程で内部が冷却される。
冷蔵庫の内部で、お風呂上がりの水の役割をするイソブタン(C4H10:常温常圧で気体)を、圧縮して高圧にし、熱を逃して液体にし、その液体を圧力を下げて気体に戻し、熱を周りから奪う、という流れである。
お風呂上がりに気化熱で熱を奪われながら、気化熱で冷えた牛乳やビールを飲む幸せは、過去の人類の熱力学の研究のおかげで叶ってる。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

©2019 by Science Promotion Portal . Proudly created with Wix.com