かわらない(幼児向け科学絵本)

変わらない 科学絵本
箱の中にボールが3つ。箱の外にボールが1つ。合わせて4つ。
箱の中のボールが1つ減る。その分、箱の外のボールは1つ増える。合わせて4つは変りません。
箱の中のボールが減るだけということはないし、箱の外のボールが増えるだけということもありません。
コップの中の水が減っている!減った分はどこへ?
減った分は誰かが飲んで、胃袋の中に!
外に置いたカップに水をいっぱいに入れて蓋をする。これなら誰にも飲まれないから水は減らないよね?
あれ?夜になったら水が減っている!減った分はどこへ?
ふたにたくさん水が付いている!減った分はふたとかカップの外に水が増えたんだね。でもどうして外に?
水はよくみるとつぶつぶがあつまっている。そのつぶつぶが元気になると周りのつぶつぶから離れて空中を動き回るんだ。
そしてふたに当たった時に動き回る元気をなくしてつぶつぶが集まる。こうやって外に水が出ていくんだ。
あれ?水のつぶつぶの元気が増えたのならその元気はどこから来たの?その分どこかの誰かの元気が減ったのかな?あれ?水のつぶつぶの元気が増えたのならその元気はどこから来たの?その分どこかの誰かの元気が減ったのかな?
実は水は周りの空気から元気をもらってたんだ。その分空気は元気をなくして、ひんやり冷たくなる。
ひんやり冷えた空気は周りの空気と混ざる。そして太陽から元気をもらってまた暖かくなる。
もちろんその分太陽の元気は減っていく。こうやって、何かがどこかで増えれば、どこかでその分減っている。全体では始めも終わりも変わらない。例えば、、
体重が増えた!何がその分減った?
体重が増えた分、肉が減ったんだ!
その肉は元々牛が大きくなって出来たもの!その分何が減った?
牛が大きくなった分、牧草が減った!
牧草も元々は少なかった。それが元気をもらってたくさんに増えた!その元気はどこから来たの?
その元気は太陽から!ぼくたちの体重が増えた分、太陽の元気が減っている。
太陽の元気が心配?大丈夫。太陽の元気はあと50億年は続く。
50億年かけて周りには元気を分け与えてくれるんだ。太陽の元気もこの宇宙のどこかから集まってきた。宇宙が出来た137億年前から宇宙全体の元気の量は変わらない。これからも。
おまけ。まわる椅子の上でまわるタイヤを持つ。タイヤの向きを反対にすると、右向きの回転が減って、左向きの回転が増えたことになる。ではその分、どこがどうなる?
椅子ごと右回りに回転するのです。みんなもやってみよう!回転も、ボールのかず、水の量、元気の量とおなじで、宇宙が出来たときからかわらない。おしまい

幼児向け絵本一覧

kodomo.png